ジェット気流,200hPa



山口薫のホームページへようこそ






ネット上に公開されている気象に関する情報を、
画像処理したページです。


現在、対象とするのは、

★米国:ジョージ・メイソン大学海洋ランド大気研究センター「天候と気候データ」
★アメリカ海洋大気庁「二酸化炭素濃度(ハワイ)」
★気象庁「JRA-55プロジェクト」、「月平均海面水温偏差図」、
★英国:イーストアングリア大学「CRU-TS4.05(1901-2020)気温」
★米国:ウィスコンシン大学宇宙科学工学センター日々の「海面水温」


です。
それぞれ、「出典」としてURLを示しています。


1 

ここより

・地球表面温度(海面水温)の経年変動は、大気中二酸化炭素濃度のそれと強い相関がある。
・「
人為的」二酸化炭素排出は、大気中二酸化炭素濃度に全く影響しない
・海面水温が上昇(
地球温暖化)すると、海水中の二酸化炭素が大気へ湧出する。

ことをデータは示しています。

2 海洋ランド大気研究センターの「派生値(09,21JST)」の加工(毎日更新)

2.1 5日先までの日本付近のジェット気流図(200hPa)


2.2 5日先までの北半球ジェット気流図(200hPa)


2.3 5日先までの日本付近の500hPa高度と渦度


3 北半球ジェット気流図30日アニメーション(10日毎に更新)

気象庁JRA-55プロジェクト の日々(6 hourly)の200hPa面風速データ(uv成分)から作成しました。



4 海面水温偏差旬別値6ケ月アニメーション(10日毎に更新)

ウィスコンシン大学宇宙科学工学センターの 日々の海面水温データ から、
旬の値を求め、これと累年平均(2009-2021)の差を作成しました。



アクセスカウンター

←ご感想などはこちらまで!