ジェット気流,200hPa,200mb



山口薫のホームページへようこそ

ネット上に公開されている気象に関する情報を、
画像処理するページです。


現在、対象とするのは、

★米国:ジョージ・メイソン大学海洋ランド大気研究センター「天候と気候データ」、
★気象庁「JRA-55プロジェクト」、「過去の台風資料」
★英国:イーストアングリア大学「CRU-TS3.1(1901-2009)雲量」、
★英国気象庁世界ラジオゾンデデータ(1958-2012)

米国:ウィスコンシン大学宇宙科学技術センター日々の「海面水温」

などです。
それぞれ、「出典」としてURLを示しています。


「二酸化炭素排出量増加」と「地球温暖化」は、無関係でした。
(左ボタンをクリックするとジャンプします)



1 海洋ランド大気研究センターの「派生値(09,21JST)」の加工(毎日更新)

1.1 5日先までの日本付近のジェット気流図





1.2 5日先までの北半球ジェット気流図





1.3 5日先までの日本付近の500hPa高度と渦度





1.4 5日先までの日本付近の可降水量と対流有効位置エネルギー





2.1 北半球ジェット気流図30日アニメーション(10日毎に更新)



気象庁JRA-55プロジェクトの200hPa面風速データ(uv成分)から作成しました。


2.2 JRA-55プロジェクトデータから求めた北半球ジェット気流月別図(1958-2019)

2.3 200hPa面の風東西成分のトレンドについて

気象庁JRA-55プロジェクトの200hPa面風速データ(u成分)から作成しました。



網掛:Mann-Kendall検定(有意水準5%)で、統計的に有意なトレンドが見られない地域
百年変動値:Mann-Kendall検定と併用されることの多いSen's Slope法は、上の図のような、
複数推定量の面的表現に不向きであったため、線形回帰分析で求めた。

3 1000hPa面の気温のトレンドについて

気象庁JRA-55プロジェクトのデータから描画しました。



白地:Mann-Kendall検定(有意水準5%)で、統計的に有意なトレンドが見られない地域
百年変動値:Mann-Kendall検定と併用されることの多いSen's Slope法は、上の図のような、
複数推定量の面的表現に不向きであったため、線形回帰分析で求めた。


アメリカ西海岸の昇温傾向(=低湿度化傾向)が、「山火事」と関連があるとすると、
今後の多発、大規模化が危惧されます。


地球温暖化の原因が、
二酸化炭素などによる全球的な温室効果ならば、
上の図は、「アメリカ西海岸」などと特定できない図になっていたと思われます。


4.1 数日後に台風になった熱帯低気圧における発生時の海面水温状況(2009-2017)

気象庁 「台風位置表」を基に、発生場所の「海面水温」を、 SSECデータから求め
その温度を基準とした温度差分布図は、こちらにあります。

周辺温度が一様でなく、風が起こりやすい?場所での発生が多いようです。

4.2 数日後に台風になった熱帯低気圧の発生場所(1951-2017 総数 1,753)



12,1,2月は、青点
3,4,5月は、水色点
6,7,8月は、赤点
9,10,11月は、黄点

5 気象と太陽黒点相対数について

「CRU-TS3.1(1901-2009)雲量」と「太陽黒点相対数」の経年変化をグラフ化
したものは、こちらにあります。

スベンスマルク効果」は、確認できませんでした。

6.1 高層気象のトレンドについて

英国気象庁HPにある世界676地点の
ラジオゾンデデータ(HadAT2:1958-2012年の9層の月別気温偏差
*
緯度45度、経度90度で分割し、 55年間の経過を作図しました。こちらにあります。

「全球平均」から

・地表近くが温暖化していて、それに反し上層では寒冷化している。
・温暖化/寒冷化の反転は、200hPa面でおきている。
・上層寒冷化の規模は、地表近く(850hPa)の温暖化規模の3倍ほどである。
・上層には、季節変動とは無縁な2〜3年周期の変動が見える。

ことが判ります。

6.2 気温偏差の鉛直分布について

HadAT2は、 * 1966-1995年平均からの偏差として収録されています。
これを緯度15度幅で分けた帯別の状態曲線もどきは、こちらにあります。

低緯度帯ほど上層寒冷化の規模が大きい
・温暖化/寒冷化の反転面は、緯度帯により異なる

ことが判ります。

6.3 日本上空5層の気温変動と雷日数の変動について

HadAT2から日本の地点を抽出し、上層3層を除く6層の気温変動と、
雷日数の変動を描画したものはこちらにあります。

エルニーニョ/ラニーニャ発生期間も併せ描画しましたが・・、
ラニーニャ現象発生時に、雷日数が多いかなと言うくらいで、
明瞭な特徴はつかめませんでした。

6.4 100,200,300hPa面気温の100年変動について

気象庁 JRA-55プロジェクトのデータから描画しました。



白地:Mann-Kendall検定(有意水準5%)で、統計的に有意なトレンドが見られない地域
百年変動値:Mann-Kendall検定と併用されることの多いSen's Slope法は、上の図のような、
複数推定量の面的表現に不向きであったため、線形回帰分析で求めた。

6.1の「温暖化/寒冷化の反転は、200hPa面でおきている」が確認できます。

アクセスカウンター
←ご感想などはこちらまで!