ジェット気流,200hPa,200mb



山口薫のホームページへようこそ



ネット上に公開されている気象に関する情報を、
画像処理したページです。


現在、対象とするのは、

★米国:ジョージ・メイソン大学海洋ランド大気研究センター「天候と気候データ」
★アメリカ海洋大気庁「二酸化炭素濃度(ハワイ)」
★気象庁「JRA-55プロジェクト」、「月平均海面水温」、「二酸化炭素濃度」、「過去の台風資料」
★英国:イーストアングリア大学「CRU-TS3.1(1901-2009)雲量」、「CRU-TS4(1901-2018)気温」
★米国:ウィスコンシン大学宇宙科学技術センター日々の「海面水温」

などです。
それぞれ、「出典」としてURLを示しています。








2 海洋ランド大気研究センターの「派生値(09,21JST)」の加工(毎日更新)

2.1 5日先までの日本付近のジェット気流図





2.2 5日先までの北半球ジェット気流図





2.3 5日先までの日本付近の500hPa高度と渦度




3.1 北半球ジェット気流図30日アニメーション(10日毎に更新)



気象庁JRA-55プロジェクトの200hPa面風速データ(uv成分)から作成しました。


3.2 JRA-55プロジェクトデータから求めた北半球ジェット気流月別図(1958-2019)

4.1 数日後に台風になった熱帯低気圧における発生時の海面水温状況(2009-2017)

気象庁 「台風位置表」を基に、発生場所の「海面水温」を、 SSECデータから求め
その温度を基準とした温度差分布図は、こちら(pdf)にあります。

周辺温度が一様でなく、風が起こりやすい?場所での発生が多いようです。

4.2 数日後に台風になった熱帯低気圧の発生場所(1951-2017 総数 1,753)



12,1,2月は、青点
3,4,5月は、水色点
6,7,8月は、赤点
9,10,11月は、黄点

5 気象と太陽黒点相対数について

「CRU-TS3.1(1901-2009)雲量」と「太陽黒点相対数」の経年変化をグラフ化
したものは、こちら(pdf)にあります。

スベンスマルク効果」は、確認できませんでした。

pdf内訂正:http://www.cgiar-csi.org/data/uea-cru-ts-v3-10-01-historic-climate-database

6 エルニーニョ/ラニーニャ現象発生時の他海域について

気象庁 「月平均海面水温」のデータから描画しました。

こちら(pdf)にあります。

インド洋熱帯域に、エルニーニョ/ラニーニャに関係なく、1980年代頃から昇温が見られ、

気象庁 「エルニーニョ現象発生時の日本の天候の特徴」は、
当てはまらなくなっていることが考えられます。

アクセスカウンター